Medical

Macintosh

English FAQ BBS SiteMap

Search Mail Macintosh Medical NextComputer Information

関連機器購買情報

Drivers

Updaters

HD Compatibility Matrix

HD Compatibility Matrix

for pismo

PISMO Memory List

macintosh

アーキテクチャ

Die-Junction温度
機能向上
ハードウェア機能向上
ソフトウェア機能向上
周辺機器・購買情報
DVD関連
トラブルシュート
 
ハードディスク換装
 

medical

骨年齢測定
ワクチン
インフルエンザ治療
ニューテクノロジー
時事
症例報告

抄読

<- previous next -->

7/Sep

NeXTSTEP & Mac OS X (2)

about NeXTSTEP

読者よりご指摘を頂きましたので、訂正したいと思います。まず002_launched applicationsに示しましたが、Dockで既に起動しているアプリケーションは三角マークが付くようなったそうです。*1

日本語環境もほぼ同時に開発が進んでいるとのことですが、7月29日の段階では、まだ収容される漢字の種類さえ策定されていないという説明でした。

NeXTSTEP 3.3Jの日本語環境はとってつけたものではなく、システムの細部まで手を入れ、日本語ドキュメントも豊富な立派なものでした。はたして、Mac OS Xがどの程度ローカライズされているのか不安なところではありますが、もうすぐ発表です。それまで待つことにしましょう。

謝辞
NeXusの兵藤氏よりご指摘を頂きました。訂正するとともに、兵藤様へは御礼申し上げます。

*1 ZDNet:MacWIRE:Seybold/SFで見た最新Mac OS X

002_launched applications

5/Sep

NeXTSTEP & Mac OS X

about NeXTSTEP

Mac OS Xパブリックβの公開まで10日を切りました。果たして日本語版も同時に発表されるのか?、処理速度は?などの不安材料は沢山あります。しかし、パブリックβの公開が行われれば、これまで守秘義務のため発言できなかった多くの識者からの情報発信が行われ、知っている人と知らない人の溝が急激に埋まるのは確かでしょう。

旧NeXTユーザーにとっては、インターフェースがどの程度マックよりになったのか?が大きな関心事の一つです。今日はその一つ、Dockについて触れてみようと思います。

DockとはNeXTでは画面の右端に縦に並んでいるランチャーです。NeXTアイコンを筆頭に縦に整列し、ネクストアイコンをドラッグすると縦方向だけ移動することが出来ましたが、基本的には移動せず、よく使うアプリケーションや文章などを並べておく場所でいした。

アプリケーションが起動していない状態では、アイコンの下に小さなドットが3つ並んでおり、ほかと区別出来ます。アイコンをデスクトップ側にドラッグすると、ディム表示になり、そのまま離すと登録が解除される仕組みです。場所は移動せず、慣れていれば目を閉じてもソフトウェアをフォアグラウンドにもってくることが出来ます。

Dockに登録されていないアプリケーションが起動されると、今度は画面の下に沿って、左側から一つずつアイコンが並びます。アプリケーションを終了すると消えてしまうところがDockと違いますが、歯が欠けたように消えるので起動中のプログラムのアイコン位置に変化ありません。最小化したウィンドウもここに表示されます。

MacOSのアプリケーションウィンドウに近い動作をしますが、アプリケーションウィンドウはプログラムを終了させるとその部分が詰まって表示され、アイコンの位置が刻々変化するところが違います。

Mac OS XのDockはどうなっているのでしょうか。001_Mac OS X DockはAppleが公開してる資料をもとにDockを再現した図です。



001_MacOS X Dock

一見NeXTで言う右端のDock機能と、自在に伸縮するアプリケーションウインドウを混合させたようにも見えますが、注意深く観察すると淡い仕切線があることに気付きます。この仕切線より左側は位置関係が固定されたNeXTの右端にあるDock機能に相当し、左側がアプリケーションウインドウとNeXTの下部アイコン列に相当するものです。

NeXTと反対なのはドットが表示されているアイコンは既にメモリにロードされた状態、既に起動しているアプリケーションを表しています。登録の解除はNeXT同様、ドック外部にドラッグすればよいのですが、煙のアニメーションがあるなど、遊び心満載です。

しかし、 Dockに登録したアイコンが、Dock自体がサイズに合わせてセンタリングするため、頻繁に移動してしまいます。

アイコンを持っていくとクリックしやすいように大きく表示されるなど、使いやくはなっていますが、場所で覚えるというインタフェースは採用されていません。

ユーザーグループミーティングでAppleのMac OS X担当者は、今回のMac OS Xは「インターフェースの見本市」と説明していました。必ずしも洗練されてはいない、雑多なインタフェースを提示することで、取捨選択してもらうためのMacOS Xベータであるとのことです。

今回のベータで、我々は大いにAppleに注文を付けるべきなのでしょう。

<- previous next -->

メディカル マッキントッシュ

medical macintosh (c) 1998,1999,2000,2001,2002,2003,2004
Written/Edited by Y.Yamamoto M.D.
Privacy and Security Policy

ご自由にリンクして下さい。

アップルおよびアップルのロゴは、アメリカ合衆国およびその他の国々におけるApple Computer,Inc.の登録商標です。

POWERBOOK ARMYおよびmedical macintoshは、独立したユーザグループで、アップルコンピュータ株式会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。