medical

medical macintosh

menu

macintosh
Vol.107
counter
5/Apr 2003
logic board performace

Top > Macintosh > PowerBook G4 17-inch > logic board performace ▼NAV ▼form ←Previous

303_ the bluetooth logic board and USB
303_ the bluetooth logic board and USB

中央のbluetooth基板から細いアンテナケーブルが液晶側に入っている。AirMac Extremeのアンテナケーブルも同じ部分を通る。

本体左右に用意されたUSB端子は便利であるが、部品点数も多いことは確かだ。

多くのパーツを見ていると、Appleは確かに業界標準の技術を多く取り入れ、常識的にくみあせていくOSの取り組みとは裏腹に、デザインのためであれば、たとえ特殊なものでも積極的に取り入れていく、「本気」がPowerBook G4 17-inchにあると感じた。

304_ PowerBook G4 17-inch main logic board
304_ PowerBook G4 17-inch main logic board

基板に配置される部品がわかりやすいよう、透過表示とした。発熱量の大きなパーツは一直線に配置され、2機の強力なブロアーで冷却される。

また基板の一部にはスピーカーのエンクロージャーを確保するため穴があいている。

PowerBook G4 1GHzから、CPUがブロアーを制御できるようになっていた。17-inchでは、温度センサーがCPU部、GPU部そして電源部の3カ所にあって、PMUからCPUに管理が移った。温度管理が強力になっていると考えられる。

305_ Logic board of PowerBook G4 17-inch and 12-inch
305_ Logic board of PowerBook G4 17-inch and 12-inch

本体の大きさは異なるが、ロジックボードの大きさはさほど変わらない。PowerBook G4 12-inchのロジックボードは222cm2で、

17-inchは266cm2だ。薄いボトムケースにリッチな冷却パーツを組み込んだ17-inchは、本体裏側もそれほど熱くならない。これは冷却のための吸気を、ヒートスプレッダーとボトムケースの隙間を通すことで、ボトムケースも冷却しているからだ。

306_ PowerBook G4 17-inch memory performace
306_ PowerBook G4 17-inch memory performance

PowerPCの主メモリへのアクセスは低速なFSBのためにそれほど高くない。そのため比較的高速で、I/O信号が混在しない専用L3バスを別に持つことでパフォーマンスを稼いでいる。

しかし、L3の容量はわずか1メガバイトで、メインメモリへのアクセスは重要であることには変わりない。

上記はinteger (32bit)のLoad命令にCPUがどれほどのクロックを要するのか測定したもの。(効率の高い連続する32バイト、8ビート単位で測定)

青が17-inchのそれで、赤は同じCPUとUni-North 1.5を搭載する15-inchの値である。

CPU内部やL3キャッシュ領域は変化が無いが、FSBが166MHzにアップした17-inchは、クロックが短縮されている。

307_ PowerBook G4 1GHz 15-inch Uni-north 1.5 memory performace
307_ PowerBook G4 1GHz 15-inch uni-north 1.5 memory performace

同じ1GHzのPowerPC G4を搭載するPowerBook G4 1GHz 15-inchと17-inchを比較した。

グラフは32bit整数をメモリから読み出すとき、FSBの帯域の何%を利用できたかを示した。

数字が高い方が優れているが、DDRメモリをサポートし帯域だけいうなら2.5倍になったintrepidも、Uni-nrth 1.5 と比較して、大差はなく3%程度の改善にとどまる。

L3キャッシュの影響される領域では逆に効率低下とも見えるが、これは分母のFSBが166MHzと高いためである。


ジックボードは非常に複雑な形状でした。304_ PowerBook G4 17-inch main logic boardは、裏と表の部品配置がわかるように、透過像としました。液晶の厚みが増した分、ボトムケースが薄くなっています。その薄いボトムケースに、冷却風が通過する緩衝層と、キーボードと照明用ファイバーにはさまれてロジックボードがあります。ロジックボードは複雑に切り込まれ、ソケット類が干渉しないようになっています。さらにスピーカーのエンクロージャーを逃がすため基板に穴まであいていました。

本体後部の吸気口から、ボトムケースとヒートスプレッダーの間の緩衝層に冷却風が通過するようになっているため、本体底面はそれほど熱くなりません。最終的には本体後部左右にあるラジエターコアを冷却し、外部に排出される仕組みになっていました。これはPowerBook G4 1GHzの右側のブロアーに構造が似ていますが、ケース自体を冷

却する発想を、この薄い筐体に組み込んだことは、特筆すべきでしょう。306_ PowerBook G4 17-inch memory performaceは、32ビット整数レジスタのメモリロード命令に要するCPUのクロック数を、同じ1GHzのPowerPC G4 7455Aを搭載するPowerBook G4 1GHzと、PowerBook G4 17-inchで比較したものです。

CPU内部のcacheにヒットする容量では、ほとんど差が無いのに対し、主メモリへのアクセスが必要な場合は、両者に大きな差があることがわかります。これはMPX Busが133MHzから166MHzに引き上げられたことが大きく、現在PowerBook では、17-inchのみが達成しています。

かし、ノートブックという範疇では珍しい333MHzのPC2700のサポートは効果が出ているのでしょうか。307_ PowerBook G4 1GHz 15-inch Uni-north 1.5 memory performace

は、PC133のSDRメモリを使用したPowerBook G4 1GHzと比較しました。MPX Busの理論上の有効帯域の2割程度しか利用できないことには変わりがありません。メモリだけの比較なら理論上2倍以上の性能向上がありますが、MPX Busがボトルネックとなり性能向上はわずかな結果でした。

ただし、PowerMacと同じ最新のアーキテクチャを実現し、それでいて静かで、美しい筐体のPowerBook G4 17-inchには、別の評価をあたえるべきかもしれません。十分なパフォーマンス。PowerBook G4 Titaniumよりも繊細で、かつ頑丈な筐体。同じ材質とはいえ、PowerBook G4 12-inchとは比較にならないほど、押さえ込まれた表面温度。そして、暗闇で白く浮かび上がり、打鍵すると光が写り込んで、はっきりと光るキーボードなど、道具を逸脱し、所有することの楽しみを感じさせるアイテムかもしれません。

topsearchinformationbbsmacintoshmedicalnext & macos xfaqfaq for G4site maplink

アンケートフォーム

電子メールアドレス
お名前(Option)

使用OS

使用機種
ご質問、ご提案、ご意見などありましたらご記入下さい。

ページに対する感想など、誤字脱字などお聞かせ願えれば幸いです。
このHPのチェックは
今日初めて
週に1〜2度
毎日
内容について
難しい
適度である
簡単だ
デザインは
良好
普通
変更が必要
話題について
PowerBook特化が良い
特にこだわらない
できればアンケートフォームに答えていただけると幸いです。

メディカル マッキントッシュ

medical macintosh (c) 1998,1999,2000,2001,2002,2003,2004,2005
Written/Edited by Y.Yamamoto M.D.
Privacy and Security Policy

ご自由にリンクして下さい。

アップルおよびアップルのロゴは、アメリカ合衆国およびその他の国々におけるApple Computer,Inc.の登録商標です。

POWERBOOK ARMYおよびmedical macintoshは、独立したユーザグループで、アップルコンピュータ株式会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。